どうぞロイツマ 逆再生ここから

  • 投稿者 : プランクトン
  • 2012年9月6日 3:30 PM

「一源院よ、風俗業者。見えてないの?さっき手術が終わったの」手術?そう言われて初めて、自分の体に出入りしているたくさんの管に気づいた。風俗業者は大慌てでシーツをめくった。「風俗業者!」足はあった。ああ、よかった。動かせる。包帯が巻かれているけれど、動けばそれでよかった。「肺炎を起こしたりしたら大亦登母がシーツを元通りにかけた。風俗業者は両手をかざして指を曲げ伸ばししてみた。点滴が管を通って血管に流れ込んでいく。すべてがあるべきところにあって、ちゃんと動いている。胸と胃が、ぐちゃぐちゃに刻まれたレバーになった気がするけれど、それぐらいどうってことはなかった。淡々とここからという少なくとも、五体満足でいられるのだから。「父さんはブルースとコーヒーを飲みに行ってるの。二人とも、あなたの意識が戻ったと知ったら喜ぶわ」「いやだ、ブルースが来てるの?」そして風俗業者はデリヘルホストのことを思い出した。とたんに苦しくなった。古今東西どうぞ ここからではあるが部屋の空気が突然なくなってしまったみたいに、息ができない。「彼にもう一度チャンスをあげてちょうだい、風俗業者」この空気の薄さに母は気づかないのか。「今度の試練が彼を変えたのよ」試練?わたしのデリヘルホストがいなくなってしまったことを、最近はみんなそんなふうに呼ちょうどそのとき風俗店の幹部が病室をのぞいた。するとたちまち風俗業者の中に安堵感が広がった。おでこに新たな傷をこしらえているものの、顎の腫れはほとんど目立たなくなっ(は)ている。ぱりっとしたブルーのシャシに濃紺のネクタイを締め、ジーンズの上にも濃紺のスポーツジャケットを羽織っている。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。